代田橋「さぬきや」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編54~

代田橋「さぬきや」

生姜焼定食

¥1050

 

ご飯、うどん、付け合わせ(キャベツ、きゅうり、トマト)、お新香(たくあん、白菜漬け)

店内:寂しい

接客:普通

 

 

当店の御上客様のご紹介のお店です。

 

オススメというわけではなくて、”しょうが焼き”があるということで教えてもらい、休日に行ってきました。

 

甲州街道を渡ったところの和泉町仲通り商店街。

 

時々登場する「とんかつクラウン」をはじめ、なかなか怪しげなお店がポツンポツンとある、極めて寂しい商店街ですね。

 

その入り口にあるうどん屋さん。

 

コチラもなかなかにハードル高めです。笑

 

平日のお昼ゴールデンタイム。

 

店内は閑散としていて先客1名。

 

そもそも人通りがない商店街なので、客入りも予想通りです。

 

不意の来店に驚いたご主人が一人。

 

途中から女将さんらしき人も。

 

 

さて豚のしょうが焼き。

 

薄い豚肩ロースが7~8枚。

 

お味は生姜がしっかり効いていて直球の硬派な味。

 

悪くないのですが、お肉のペラ具合がちょっとヒドイです。

 

あと、うどんがあまり美味しくありません。

 

伊勢うどんのようなコシの無さ。

 

出汁も良く分かりません。

 

食べ進んで行くうちにご飯との相性は悪くないのですが、なんだかお店の雰囲気含めて、テンションが下がりました。 

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆

明大前「相州屋」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編53~

明大前「相州屋」

スタミナ定食(ご飯大盛り)

¥740+100

 

ご飯、お味噌汁、付け合わせ(キャベツ、マカロニサラダ)、小鉢(たくあん、切り干し大根)

店内:普通

接客:普通

 

 

組合の回覧まわしのついでに。

 

隣町の気になっていた定食屋さんです。

 

外観は年季の入った昔ながらの定食屋。

 

店内は広めで落ち着きます。

 

いつも混んでいて、学生街らしく学生さんもいます。 

 

喫煙可なのが珍しいですね。

 

若夫婦とそのお父さんで切り盛りしています。

 

奥さんの接客が良い感じです。

 

 

では豚のしょうが焼き。

 

豚バラ肉が7~8枚。

 

見た目で濃そうですが、濃いです。笑

 

でもご飯と合って良いです。

 

スタミナとあってニンニクも効いていますが、生姜もしっかり主張。

 

副菜も嬉しいです。

 

お腹が空いてたのでご飯を大盛りにしましたが、スイスイ進みます。

 

近所にこんな良い定食屋さんがあったのは発見でした。

 

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆☆

セブンイレブン「ふっくら焼き上げた!豚ロース生姜焼き弁当」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編(番外編)~

セブンイレブン「ふっくら焼き上げた!豚ロース生姜焼き弁当」

¥537

 

ご飯、ナポリタン、ポテトサラダ

 

 

久々の店舗以外の番外編です。

 

今回は100店舗越えを目指してるので、コンビニ弁当まで徹底的にイキますよ!笑

 

というわけでコンビニチェーンの王者、セブンイレブンから。

 

大きい肩ロース肉が2枚。

 

柔らかいのですがペラペラです。

 

加工肉かな?

 

味も甘ったるいだけで薄く、ご飯に合いません。

 

美味しくないです。

 

食べではあるのですが、なんか根本的に違うような気がしました。

 

 

ごちそうさまでした♪

笹塚「洋食屋マック」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編52~

笹塚「洋食屋マック」

ハンバーグ&生姜焼きセット

¥1000

 

ご飯、お味噌汁、付け合わせ(キャベツ、目玉焼き)

店内:普通

接客:普通

 

 

ご存知、笹塚の有名洋食屋さん。

 

ロビンと並ぶ2トップの一角です。

 

近年はメディアへの露出が増えて、開店と同時に行列が出来ます。

 

個人的には、小さなころから知ってるお店たちが、当時は何でもなかったのに、入店するのもひと苦労になってしまうのは忍びなく感じています。

 

まぁお店にとっては今の方が嬉しいのでしょうが…

 

店内は木目調の落ち着く昔ながらの洋食屋さん。

 

今回は開店時間あたりを狙って行きましたが、すぐに満席になりました。

 

感じの良い若夫婦が営んでいます。

 

 

 

さて豚のしょうが焼き。

 

単品もありますが、コチラは”ハンバーグと何か”というセットが売りなので、そうしました。

 

豚バラ肉が3~4枚。

 

正直、良くないです

 

味が無い。

 

お肉は良さげですが、味がまったくありません。

 

調理時間を短くするため薄くして、酸味の効いたソースで頂くハンバーグがとても美味しいため、

 

このしょうが焼きの不出来さが目立ちます。

 

作り置きでもいいからしっかりと味を付けたしょうが焼きが食べたかったです。

 

ハンバーグや接客と相殺してもだいぶ残念でした。

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆

新大久保「笑姜や 新大久保店」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編51~

新大久保「笑姜や 新大久保店」

特性醤油

¥650

 

ご飯、お味噌汁、付け合わせ(キャベツ)、お新香(白菜)

店内:普通

接客:普通

 

 

練馬に本店のあるしょうが焼きの専門店です。

 

店内はカウンターのみでやや狭いです。

 

店員は愛想の無いおばさんとお兄ちゃん。

 

専門店だけあってしょうが焼きの種類は豊富です。

 

ただ…

 

ご飯、お味噌汁は自動の機械。

 

しょうが焼きも機械で炒めています。

 

これがだいぶ萎えます。

 

味はそこまで変わらないので見えないようにすればいいのに…

 

 

では豚のしょうが焼き。

 

豚バラが5~6枚。

 

しょっぱいです。

 

すり生姜が上に乗ってるのは良いのですが、なにしろ味が強い。

 

さらにお新香がひっくり返るくらいこれまたしょっぱい!

 

珍しく残しました。

 

コスパは良いし、よくいえばご飯が進むのですが、ちょっとしょっぱ過ぎでした。

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆

豪徳寺「Cafe+bar Petit plum」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編㊿~

豪徳寺「Cafe+bar Petit plum」

ポークジンジャー

¥850

 

ライス(五穀米)、サラダ、冷奴、お漬物(つぼ漬け)

店内:狭い

接客:普通

 

 

今回の目標の折り返し地点。

記念すべき50件目はコチラ。

 

組合の回覧まわしで豪徳寺へ。

 

狙っていたお店がコロナ自粛で閉まっていたので、探してたらコチラのカフェランチで見つけました。

 

狭い店内。

 

1階はお土産とキッチン。

 

狭い階段で2階に案内されます。

 

小さなテーブル席が3つ。

 

カフェとして利用するには、他の席との間隔がなく、落ち着かないかもしれません。

 

先客のおばさん2名の声がうるさかったのですが、窓際の席で居心地は悪くなかったです。

  

 

さて豚のしょうが焼き。

 

ワンプレートのカフェ飯。

 

おしゃれに盛り付けられています。

 

大き目の肩ロースが3枚。

 

色合いは薄めですが味は美味しいです。

 

お肉も柔らかく、生姜も良いバランス。

 

副菜も美味しいです。

 

とくにオリーブオイルと粉チーズと塩コショウだけのサラダがなんだかハマりました。

 

その昔、”カフェ飯はしゃらくせぇ”と思っていましたが、かなり美味しいですね。笑

 

今回もビオオジヤンカフェしかり、

 

ボクみたいなおじさん1人が入店するのに躊躇しますが、お料理は素晴らしいです。

 

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆☆

新宿「飲食笑商何屋ねこ膳」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編㊾~

新宿「飲食笑商何屋ねこ膳」

しょうが焼き定食+目玉焼き

¥630+100

 

ご飯、お味噌汁、付け合わせ(キャベツ、トマト、ナポリタン)、お漬物(つぼ漬け)、目玉焼き(追加)

店内:普通

接客:普通

 

 

先週に引き続き新宿です。

 

伊勢丹デパートに高級ホワイトデーのお菓子を買いに。

 

目を付けていた定食屋。

 

24時間居酒屋で、夜のお仕事の人に重宝されているお店らしいです。

 

店内は黄色を基調にした大衆居酒屋。

 

お昼のゴールデンタイムということで満席。

 

昼からお酒をキメてる若いお姉ちゃんもいて、なかなか新宿奥地らしい雰囲気でした。笑

 

店員は若い男性2名。

 

テキパキ働いていますが、注文が追いつきません。

 

というわけで、ボクの席も前の方の食器がずーっと片付けられず…

 

仕方ないのですけど。

 

 

 

では豚のしょうが焼き。

 

小さめの肩ロースが5枚。

 

肉質はコストなり。

 

ただしょっぱい!

 

ご飯に合うを越えていて、多少不快です。

 

目玉焼きを追加したので昼食としては全体的に悪くなかったのですが、

 

忙しない雰囲気と行き届かなさとしょっぱさでガッカリでした。

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆

新宿「お好みダイニング 八寸八卓」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編㊽~

新宿「お好みダイニング 八寸八卓」

四元豚のポークジンジャー

¥1620

 

ご飯、お味噌汁、付け合わせ(ミックスベジタブル、ハッシュポテト)、生姜ダレ(別皿)

店内:普通

接客:普通

 

 

休日の合間時間を縫ってサクッと新宿にしょうがをキメに。

 

いい所が思い浮かばなかったので、デパートの大食堂シリーズを開始。

 

まずは京王デパートから。

 

こちらはたしかハンバーグ編でお世話になったと思います。

 

ボクが小さい頃の雑多な大食堂とは違って、ちょっとオシャレに。

 

でもお年寄り用の仕様です。

 

店内は広く落ち着きます。

 

しっかりお客様に目を配る接客も良いです。

 

 

 

さて豚のしょうが焼き。

 

肩ロースが4枚。

 

ブランド豚の四元豚とのこと。

 

ジューシーさが多少足りませんが、お肉は柔らかく、確かに美味しいです。

 

少ししょっぱめの味付け。

 

別皿の追いダレの調節が難しいです。

 

店内はお昼のゴールデンタイムなのに超閑散。

 

この騒動の中、デパートは大変そうです。

 

場所代もあってでしょうが、それにしても値段が1500円以上ってのがちょっと高すぎると思いました。

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆

代々木「しょうが亭」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編㊼~

代々木「しょうが亭」

ポークしょうが焼き

¥750

 

ご飯、お味噌汁、サラダ(キャベツ、トマト、マカロニ)

店内:普通

接客:普通

 

 

東急ハンズに行ったついでに。

 

学生さんのための大衆食堂ですが、コチラはメニューが大学名というユニークなお店です。

 

50代と思わしきご夫婦で切り盛り。

 

来店時間がお昼過ぎだったので先客1名という状態でしたが、フロア担当の女将さんも良い感じで、こういう状態でなければ賑わっているのだとうかがえます。

 

 

では豚のしょうが焼き。

 

純粋に豚のしょうが焼きを注文したので、普通の料理名。

 

セットになると大学名になるようです。笑

 

小さな鉄鍋できます。

 

アツアツなのは良いのですが、量が少ないです。

 

小さな肩ロースが5~6枚。

 

お肉の感じは良いです。

 

味も生姜がしっかり効いていて、若干ケミカル感はありますが美味しいです。

 

ただ量が少ないのでご飯とのバランスが悪いです。

 

おかずが先に無くなります。

 

しょうが焼きと何かのセットを頼んで丁度良いバランスなのだと思いました。

 

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆

明大前「8PLACE The Kitchen&Bar 明大前」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編㊻~

明大前「8PLACE The Kitchen&Bar 明大前」

しょうが焼き&ライス

¥900

 

ライス、付け合わせ(キャベツ、プチトマト、レモン)

店内:普通

接客:外人

 

 

組合の回覧まわしのついでに。

 

明大前の定食屋さんを狙って行きましたが満席だったのでブラブラしてたらコチラを発見。

 

あまり良い予感はしませんが入ってみることにしました。

 

バーのランチです。

 

店員は中東系の外人が2名。

 

キッチンとホールで1名ずつ。

 

日本語は上手w

 

今どき珍しい喫煙店。

 

 

さて豚のしょうが焼き。

 

小さな肩ロースが5枚。

 

お肉は火が入りすぎて硬いです。

 

味は強めでご飯に合うのですが、しょうが焼きではありません。

 

なんか全体的にしょーもない料理。

 

ついでのランチなんでこれでも良いのでしょうが、外人のホスピタリティの無さが丸出しのお店でした。

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆

駒場東大前「菱田屋」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編㊺~

駒場東大前菱田屋

豚肉生姜焼き定食

¥1260

 

ご飯、お味噌汁、付け合わせ(キャベツ、プチトマト、スパゲッティサラダ)、漬け物(きゅうり、カブなど)

店内:普通

接客:悪い

 

 

近所のお店をやっつけたので、そろそろ超有名店をまわっていきます。

 

駒場東大前にある定食屋なので自転車で行きました。

 

11時半開店の20分後くらいを狙って、この行列。

 

30分ほど並んで入店。

 

有名店は”並ぶ”のと”上から接客”があります…笑

 

店内は木目調でキレイ。

 

おそらく、学生さんのための定食屋が予想外の賑わいをみせて改装したのだと思います。

 

店員は店主夫婦と息子さん夫婦と思われるの4名。

 

フロア担当の大奥さんの対応が冷たくキツめ。

 

というわけで、混んでいるし居心地は悪いです。

 

 

では豚のしょうが焼き。

 

肩ロースが5~6枚。

 

良いお肉で味や硬さは素晴らしいです。

 

ただ脂の味が途中からしつこく感じました。

 

味付けは生姜の風味を上回るニンニク。

 

生姜もあるのですが、ニンニクが超強いので、しょうが焼きとしては少し違う気がします。

 

副菜のお新香でカブの葉っぱみたいなのが甘くて美味しかったです。

 

お料理は全体的に有名店になるのが分かる気がします。

 

ただ予想通りの塩接客、悪雰囲気。

 

味も落ちます。

 

値段も高いし。

 

この先有名店巡りが始まりますが、毎度のことながら先が思いやられるなぁ…。 

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆

高井戸「手創り料理 たけ仙」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編㊹~

高井戸手創り料理 たけ仙

生姜焼定

¥860

 

ご飯、お味噌汁、付け合わせ(キャベツ)、漬け物(白菜)、小鉢(ポテトサラダ)、デザート(リンゴ)

店内:普通

接客:普通

 

 

珍しく車で組合仕事に出たので、少し足を延ばして高井戸まで。

 

昔、温水プールでよく行っていたが、街ブラ自体は初めてです。

 

さびれた商店街ですが良い感じのしょうが焼きを出しているお店が2軒。

 

悩みつつも今回はコチラに。

 

居酒屋さんですね。

 

1時を少し過ぎたくらいだったので、仕事仲間と昼食に来ていたグループが1組だけ。

 

少し暗めの店内で老夫婦が営んでいます。

 

落ち着く小料理屋さんです。

 

 

さて豚のしょうが焼き。

 

やや小さめのバラ肉。

 

量が少ないです。 

 

味はとても良いのですが、生姜感がまったくありません。

 

コレは焼肉定食ですね。

 

小鉢のポテサラも美味しく、デザートもあって嬉しいのですが、

 

すすめられたご飯の大盛りとおかずの分量がまったく合わず、最後はお味噌汁で流し込みました。笑

 

腕は確かなのにもったいない印象でした。

 

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆

新宿「熱烈酒場ドンちゃん 新宿店」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編㊸~

新宿熱烈酒場ドンちゃん 新宿店

生姜焼き定食

¥800

 

ご飯、お味噌汁、付け合わせ(レタス、マヨネーズ)、漬け物、小鉢(春雨の酢の物)

店内:普通

接客:普通

 

 

先週に引き続き新宿西口です。

 

去年の12月にオープンしたそうで、新しいお店。

 

よくある大衆飲み屋さんです。

 

外観と同じく店内は木目調。

 

この時期でなければ活気があるお店になってたでしょう。

 

店員は中国人。

 

私語が気になります。

 

 

では豚のしょうが焼き。

 

小さめのバラ肉。

 

少な目。

 

黒コショウがかかっています。

 

味に特筆すべき点はなく、普通。

 

小鉢の春雨が美味しかったくらい。

 

この感じのしょうが焼きは、こういったチェーン居酒屋のランチによくあります。

 

見た目、味ともに、同じような感じなので、なんかひな形でもあるのかなぁ…

 

居酒屋メニューが、ボク好みのが多かったので、普通の生活に戻ったら夜に行ってみたいなぁと思いました。

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆

新宿「豚珍館」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編㊷~

新宿豚珍館

生姜焼

¥930

 

ご飯、豚汁、付け合わせ(キャベツ)、漬け物

店内:ギュウギュウ

接客:チャキチャキ

 

 

新宿西口にあるとんかつの超有名店です。

 

いつも行列が出来ていて、2階の店内はギュウギュウ。

 

カウンターに案内されますが、このご時世にあってソーシャルディスタンス関係ナシに営業しています。笑

 

威勢の良い店長さんがホールを回してますが、ボクにはちょっと怖くて、居心地は悪いです。

 

 

さて豚のしょうが焼き。

 

さすがお肉が良いものを使っていて美味しいです。

 

柔らかく、脂身のバランスも丁度良い。

 

味も少し甘さが立っていて、かつ生姜の風味もしっかり効いている、ボク好みの味。

 

なにより、しっかりした技術に裏打ちされた火の通り具合と味の絡み方が素晴らしいです。

 

豚汁も、豚肉がほどんどありませんが(笑)酒粕と豚の風味が絶妙の、とても美味しい汁でした。

 

まぁ有名店の宿命で、居心地の悪さ、急かされる感じは大変なものでしたが、納得の味でした。

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆☆

上北沢「吉野家 上北沢店」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編㊶~

どうも四代目です♪

 

八幡山ぎょうざの満州 八幡山駅前店

美保野ポークのしょうが焼き+焼餃子とライス

¥550+410

 

ご飯、スープ、付け合わせ(キャベツ)、漬け物、ドレッシング

店内:普通

接客:普通

 

 

ご存知、有名牛丼チェーン店です。

これで両巨頭は制覇ですね。

 

組合仕事の帰りの上北沢店。

 

コチラは駐車場も店内も広く、郊外のそれを思わせます。

 

以前、笹塚店に入ってやめた時はバイトのオペレーションが酷く、全然回せてなかったので、今回はそうなっていないことを願って入店。

 

口調が気持ち悪い以外は、一生懸命のバイトさんで良かったです。

 

 

では豚のしょうが焼き。

 

生姜の味が際立つ、非常にシャープな味わい。

 

大手チェーン店だけに安定感がありますが、それでも特徴があってよいです。

 

ただお肉が薄く、量も玉ねぎに負けてしまっていて、そこはガッカリ。

 

定食は値段もそこそこなので、満足感は欲しいところです。

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆

八幡山「ぎょうざの満州 八幡山駅前店」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編㊵~

どうも四代目です♪

 

八幡山ぎょうざの満州 八幡山駅前店

美保野ポークのしょうが焼き+焼餃子とライス

¥550+410

 

ご飯、スープ、付け合わせ(キャベツ)、漬け物、ドレッシング

店内:普通

接客:普通

 

 

八幡山に組合仕事のついでで。

 

チェーンの中華料理店です。

 

餃子を前面に出したお店は「餃子の王将」が有名で、コチラは後塵を拝している感じですが…。

 

店内はよくあるチェーンの内観。

 

注文がタブレットになっているのに、このご時世を感じます。

 

 

 

さて豚のしょうが焼き。

 

良いです!

 

大き目の肩ロースが5枚で、これがとっても柔らかい。

 

不自然なくらい(おそらく不自然なことしてるんでしょうが。笑)に柔らかいお肉は、味付けも良く、ご飯がスイスイ進みます。

 

小さな入れ物に分けられたドレッシングも、野菜に少し、味変でお肉にもかけたりと、楽しく食べれます。

 

スープの味が薄いのですが、全体的にボクの好みでした。

 

ぎょうざの満州、あなどれない…。

 

とても良かったです。

 

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆☆

下北沢「ビオ・オジヤン・カフェ 下北沢」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編㊴~

どうも四代目です♪

 

下北沢「ビオ・オジヤン・カフェ 下北沢

アボカドのせ生姜焼き定食

¥980

 

ご飯、お味噌汁、付け合わせ(キャベツ)、小鉢(レンコンとにんじんのきんぴら、納豆を豆腐に変更)

店内:普通

接客:普通

 

 

下北沢は井の頭線の出口がある西口にあります。

 

人通りが少ない側なので、そこにあるお店は落ち着いて見えます。

 

コチラもオシャレで落ち着いたカフェ。

 

原宿と相模大野に展開していて、店名のにもある通り”おじや”が名物という珍しいカフェです。

 

店内はウッディ。

 

おそらく人気店なのでしょうが、緊急事態宣言中なのでお昼時でも閑散としていました。

 

普段は気に入らない”下北風のカフェ”も、こうなると少し不憫です。

 

店員さんは、おしゃれなお兄さん。

 

 

では豚のしょうが焼き。

 

今回はアボカドのせがあったのでソチラに。

 

小さめのバラ肉とそれよりも多いアボカド。

 

気に入りません…笑

 

しかし味は絶品。

 

ほんの少し甘みが立つバランスの良い生姜ダレにアボカドもしっかり合います。

 

味を弱めるというよりも一緒に口に含むとマイルドになるプラスα。

 

小鉢のきんぴらと豆腐もとても美味しかったです。

 

不満はというと量が少ないという点でしょうか。

 

でも女子向けのカフェならこれくらいなのでしょう。

 

しかし下北沢のステレオタイプが好みそうなこじゃれたお店たちは、悔しいけど美味しい…

 

そして美味しい料理は写真の写りがなぜかアーティスティックになります。笑

 

素晴らしい一皿でした! 

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆☆

経堂「デリス」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編㊳~

どうも四代目です♪

 

経堂「デリス

上ロース生姜焼き

¥880

 

ライス、お味噌汁、付け合わせ(キャベツサラダ、マカロニサラダ)

店内:普通

接客:普通

 

 

経堂にある老舗洋食屋さん。

 

経堂は南北に商店街がありますが、線路沿いを西に少し行った、ボクの行きつけの焼き鳥屋さんのそばにあります。笑

 

なかなかに入りずらい外観ですが、このコロナ禍でカウンターにも仕切りがあるせいか、店内の居心地はそう悪くありません。

 

老夫婦とその息子さんらしき方で切り盛りしています。

 

 

さて豚のしょうが焼き。

 

少し小さめのロース肉が7枚ほど。

 

しっかりと洋食屋さんで修行を積んだ方の料理のようで、ドレッシングが手作りなのが嬉しいです。

 

ただ、お肉は固め。

 

味もコレと言って主張と奥行きがありません。

 

しいて言えば、香ばしさが良かったかなぁ。

 

無難な一皿といったところでした。

 

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆

東日本橋「三好弥」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編㊲~

どうも四代目です♪

 

東日本橋「三好弥

豚肉生姜焼

¥770

 

ご飯、お味噌汁、付け合わせ(キャベツ、みかん)、お新香、ポテトサラダ

店内:普通

接客:普通

 

 

馬喰横山にお店の粧材を買いに行くついでに。

 

馬喰横山と東日本橋は繋がっているので少し歩くと東日本橋付近に行けます。

 

薄曇りの寒い日。

世間はコロナ禍で緊急事態宣言中。

 

13時頃というのを抜きにしても少し広めの店内はボクと2名の先客のみで、とても寂しく感じました。

 

茶色いタイルの昭和の大衆食堂。

賑わっていると良い雰囲気なのでしょうが、客入りが寂しいと寒く冷たく感じます。

 

ボクと同世代くらいのご夫婦で営業していて、どうも先代がいたような感じ。

 

入店した時に「寒かったでしょ?」という奥さんの声掛けが嬉しかったです。 

 

 

では豚のしょうが焼き。

 

1000円のロース生姜焼きというのもありましたが、せっかくランチメニューにお得なしょうが焼きがあったのでそちらで。

 

これが大失敗。

 

細切れのベーコンかと思うような肉の小ささ…

 

お肉の量も少ないので、玉ねぎ炒めを食べている感じ。

 

味はニンニクが強く、生姜の風味もほのかにありますが、どちらかというと焼肉定食風。

 

副菜が美味しく、居心地も悪くなかったのでもったいなく思いました。

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆

笹塚「松屋 笹塚2丁目店」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編㊱~

どうも四代目です♪

 

今年も引き続き「豚のしょうが焼き」です。

目指せ100店舗越えでございます。

どうぞよろしくお願い致します。

 

笹塚「松屋 笹塚2丁目店

豚肩ロースの生姜焼定食

¥660

 

ご飯、お味噌汁、付け合わせ(松屋のサラダ)

店内:普通

接客:普通

 

今年はご存知有名牛丼チェーン店からスタートします。

 

笹塚は十号通り商店街のクランクをぬけたあたり。

2階はボクの後輩のお好み焼き屋があります。笑

 

こういったチェーン店は味もオペレーションも安定していて、意外とボクの中では評価が高いのですが、この日はクラウン街に新しくできた吉野家に行く予定でしたが、混んでいたのと、あまりにも仕事ぶりが悪かったので、コチラに。

 

打って変わって空いていて、気兼ねなく食事が出来ました。

 

接客、店内の様子に特筆すべき点はありませんでしたが、券売機がタッチパネルのキャッシュレス対応になっていてちょっと戸惑いました。 

 

 

では豚のしょうが焼き。

 

肩ロースとあってすこし大き目なお肉が5枚。

 

しっかりと生姜の味もあってバランスよく美味しいです。

 

お肉の質がそれなりだったんで、しょうがないと思いながらも少し不満でした。

 

お味噌汁がアツアツで良かったです。

 

 

今回も安心感がありました。 

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆

渋谷「兆楽 道玄坂店」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編㉟~

どうも四代目です♪

 

渋谷「兆楽 道玄坂店

豚生姜焼き定食

¥880

 

ご飯、スープ、付け合わせ(キャベツ、マヨネーズ)、お新香

店内:普通

接客:普通

 

 

井の頭線で渋谷に行くときはよく使う、マークシティ口から出て道玄坂へ行く途中のちょっと怪しげな雰囲気の場所にある中華食堂です。

 

渋谷に2店舗を構える老舗。

 

店内は広いのですが、それ以上にお客さんの回転が早く、ファストフード感のあるお店です。

 

注文をしてから料理が出てくるまでのスピードは過去No,1。

 

なので、ず~っと急かされている気分です。

 

 

 

さて豚のしょうが焼き。

 

あまり良くありません。

 

ぺらく硬いロース肉。

 

中華鍋で作られているので、火の通りが浅く、玉ねぎなんかは歯ごたえを楽しめますが、

 

かき込むご飯といった印象。

 

味も醤油だけ前に出る具合で、よく言えばシャープ。悪く言えば1本調子。

 

その割に値段が高い。

 

立地に助けられているお店だなと思いました。

 

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆

笹塚「とんかつ食堂 虎福」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編㉞~

どうも四代目です♪

 

笹塚「とんかつ食堂 虎福

豚ロース生姜焼き+定食並盛得セット

¥480+¥300

 

ご飯、お味噌汁、付け合わせ(キャベツ、マヨネーズ)、お新香

店内:普通

接客:あまり良くない

 

 

とんかつ編でもお世話になった、隣町のショッピングモール内にあるとんかつ屋さん。

 

もともとはロビンという老舗の有名洋食屋だったところです。

 

ソチラで働いていた方がやっているようで、とんかつの他にも洋食のおかずがあって、バラエティーに富んでいます。

 

店内は居抜きとあって、40年来の建物なんですが古さは感じません。

 

ただフロア担当の店員がアラブ圏の方のようで少しの愛想もありません。

 

そしてキッチンのベテラン店員のおしゃべりが気になりました。

 

 

では豚のしょうが焼き。

 

三元豚使用とありますが、赤身の部分が硬く、そんなに良さを感じませんでした。

 

味はよくて甘みが前に出る感じ。

 

ただ技術の見せ所である”千キャベ”が良くない!

 

切り方ひとつで味が変わるこの部分、とんかつ屋さんの基本なのに出来てないのが非常に残念でした。

 

味はそこそこなのに、世の中の合理化をはき違えているお店は、今後多くなるんだろうなあと感じました。

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆

新代田「吉田屋」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編㉝~

どうも四代目です♪

 

新代田「吉田屋

肉生姜炒め+ライス

¥880

 

ご飯、お味噌汁、付け合わせ(レタス)、小鉢(かき揚げ、冷奴、お新香)

店内:古い

接客:普通

 

 

環七沿い、新代田駅そばにある老舗の中華料理屋さん。

 

コチラはボクが中学生の頃、テレ東の「浅草橋ヤング洋品店」で売れないお店を助ける企画に出たことがあります。

 

そんなわけで、あまり印象が良くなかったのですが、ボクが修行から戻ってきて実家で働くようになると、近所の年配の方の憩いの場になっているようで、食事というより、主に飲み屋さんとして使われているようです。

 

ボクはランチ時に定食を頂きに。

 

店内は雑然とした昭和の大衆中華料理屋さん。

 

あまりキレイではありません。

 

高齢の兄弟とそのお嫁さんたちの計4名で働いております。

 

 

さて豚のしょうが焼き。

 

脂身の少ない、やや小さめの肩ロース。

 

少し硬いお肉。

 

生姜の風味は控えめですが、シャープな味。

 

特筆すべきはその小鉢の多さ。

 

かき揚げと冷奴とお新香が付きます。

 

でもかき揚げは作り置き。冷たい。

 

他もすべてにおいてウチとまったく同じレベルの料理。

 

地元で愛されてはいますが、個人的には「やっぱり…」といった感じでした。

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆

渋谷「れすとらん牛舎」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編㉜~

どうも四代目です♪

 

渋谷「れすとらん牛舎

ポーク生姜焼き定食

¥950

 

ライス、お味噌汁、付け合わせ(レタス、ポテトサラダ)

店内:普通

接客:普通

 

 

渋谷のNHK地下にある老舗の洋食レストラン。

 

NHKの職員さん御用達のお店なので、店員のおばちゃんとお客さんの距離感が近くて、良い雰囲気です。

 

店内は昔ながらの大衆レストラン。

 

店員さんがハキハキと働いています。

 

 

では豚のしょうが焼き。

 

細かい豚バラ肉。

 

作り置いてあるような感じですが、提供も早く気になりません。

 

柑橘系かと思わせるようなサッパリとした爽やかな味わい。

 

汁だくで強めの味付けなのがご飯に合います。

 

美味しいです。

 

手作りのドレッシング、ポテトサラダもすべて強めの味付けですが、

 

お昼時には行列ができるお店だけに、それが良い方に作用しています。

 

さすが長年、NHKの職員さんの胃袋を支えているお店。

 

良かったです。

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆☆

渋谷「らーめんとしょうが焼き あの小宮」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編㉛~

どうも四代目です♪

 

渋谷「らーめんとしょうが焼き あの小宮

 

しょうが焼き定食セット

¥1180

 

ラーメン、ライス、付け合わせ(キャベツ)

店内:普通

接客:普通

 

 

渋谷の109分店の地下にあるラーメン屋さん。

 

コチラは豚のしょうが焼きも推しの、店名含め、珍しいラーメン屋さんです。

 

つけめんTETSUの創業者の方が立ち上げたお店らしく、すでに都内に何店舗か展開しているようです。

 

店内はスッキリした雰囲気。

 

お昼過ぎに来店したのですが、このご時世か、お客はぼく1人。

 

ちょっと心配になります。

 

券売機で買った時点で注文が通っており、驚くべき早さで提供されます。

 

 

 

さて豚のしょうが焼き。

 

小さめの豚バラ肉。

 

ふわふわ新食感というのがウリです。

 

脂身が多く、確かにふわふわと言えばその通り。

 

味も良いのですが、結構シツコイかも…。

 

ご飯に合うので、個人的には好みです。

 

ラーメンは細麺で固め。

 

スープは煮干しが前に出る豚骨Wスープ。

 

ドロッとしていて少ないのでご飯のおつゆ代わりには不向きです。

 

でもボクの好きな変化球系の御膳。

 

満足度は高かったです。

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆☆

明大前「はんばあぐはうす ぐずぐず」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編㉚~

どうも四代目です♪

 

明大前「はんばあぐはうす ぐずぐず

 

豚肉のしょうが焼き

¥980

 

ライス、付け合わせ(レタス、キャベツ、玉ねぎ、コーン)

店内:狭い

接客:普通

 

 

明大前にある大学生のための老舗洋食堂。

 

なかなか入りずらい外観から、ハンバーグ編の時もカレー編の時もスルーしてしまっていたお店です。

 

今回は、このコロナ禍で学生も少ないと踏んで来店。

 

店内は壁一面が約2000冊といわれる漫画で埋められており度肝を抜かれます!

 

そしてなかなかに狭く、少し小さくなって過ごしました。笑

 

老夫婦が切り盛りしていて、大学生に気さくに声を掛ける優しい奥さん接客。

 

対照的に無口なオヤジさんが調理を担当していました。

 

 

では豚のしょうが焼き。

 

大きいですが薄い豚ロース肉が4枚。

 

生姜がガンガン効いている強めの味付け。

 

で、珍しいのが下にキャベツと玉ねぎの温野菜が敷いてあるということ。

 

これらと一緒に食べると丁度良い味になります。

 

ファンシーなお皿に盛られたライスも、少し少ないかなと思いつつ

 

お店の意図を読みながら食べ進めていくと、コチラも丁度よ良いバランスになりました。

 

たまたまかもですが、きっと気さくな声掛けから生まれた信頼感が、大学生も言いやすい雰囲気になって、その結果すこしずつ改善されて今に至ったのかなと思いました。

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆

笹塚「大戸屋 笹塚駅前店」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編㉙~

どうも四代目です♪

 

笹塚「大戸屋 笹塚駅前店

 

豚の生姜焼き定食

¥810

 

ご飯、お味噌汁、付け合わせ(レタス、水菜)、小鉢(かつおみりん)

店内:普通

接客:普通

 

ご存知、有名チェーン店ですね。

 

そこいらの気合の入ってない個人経営のお店なんかよりはよっぽど期待できます。

 

気持ちの良い店内ですが、このご時世、パーテーションなどで区切られているため、多少圧迫感があります。

 

店員さんもマスクで表情が見えませんが、良い接客をしてくれます。

 

 

さて豚のしょうが焼き。

 

豚バラ肉。

 

少し小さいでしょうか。

 

味はお醤油の風味が前に出てくるシャープな味。

 

でも生姜の風味と味りんの甘さも分かる、バランスの良い味です。

 

かつおみりんが付いていたり、卓上のふりかけなんかも嬉しいホスピタリティです。

 

キャベツが少しケミカルな風味でしたが、安定の大戸屋でした。

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆

新宿「とく一」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編㉘~

どうも四代目です♪

 

新宿「とく一

 

豚のしょうが焼定食

¥900?

 

ご飯(おひつ)、お味噌汁、付け合わせ(レタス、マヨネーズ)、小鉢(ひじき、切り干し大根)

店内:普通

接客:普通

 

新宿西口にある京風おでんの居酒屋さんです。

 

店内は落ち着いた和テイストのお店。

 

居酒屋なので2人用のテーブル席でした。

 

店員さんは無難。

 

 

では豚のしょうが焼き。

 

小さくて薄い豚バラ肉。

 

食べでがありません。

 

黒コショウがかかっているのが珍しいです。

 

味は…しょっぱい!

 

居酒屋さんの強めの味付けは分かるのですが、ちょっと強すぎます。

 

お肉がペラい分、味の強さが際立ちます。

 

マヨネーズと野菜と合わせて丁度良い程度。

 

まぁご飯にはある意味合いますが…笑

 

副菜のひじきと切り干し大根が嬉しい分、残念でした。

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆

新宿「つるかめ食堂 歌舞伎町店」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編㉗~

どうも四代目です♪

 

新宿「つるかめ食堂 歌舞伎町

 

豚肉生姜焼定食

¥935

 

ご飯、お味噌汁、お新香、付け合わせ(キャベツ)、マカロニサラダ

店内:普通

接客:普通

 

 

歌舞伎町のど真ん中にある大衆食堂。

 

前回同様、コチラも昭和感の漂う店内ですが広さはほどほど。

 

ただ店員さんが中国人らしく変なイントネーションでしたが、とても大きな声で挨拶ができており、なかなか好感が持てました。

 

 

さて豚のしょうが焼き。

 

ほどよい大きさの豚ロース肉。

 

味は良いのですが固い!

 

副菜も良く、卓上調味料にキムチゴマふりかけがあったりと、

 

そちらも楽しく食べれただけに残念です。

 

でも同じ地区、同じ大衆食堂系の前回のお店に比べたらコチラの方が良かったですね。

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆

西武新宿「さつき」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編㉖~

どうも四代目です♪

 

西武新宿「さつき

 

生姜焼定食

¥920

 

ご飯、お味噌汁、付け合わせ(キャベツサラダ、トマト、ナポリタン、たぶんマカロニサラダも)

店内:普通

接客:普通

 

 

小滝橋通り奥にある大衆定食屋さん。

 

昭和感の漂う店内は広く、お昼過ぎに訪問した時もおじさま達で半分くらい埋まっていました。

 

店員さんはおばちゃんが数名と料理担当のおじさん。

 

オペレーションは安定しています。

 

 

では豚のしょうが焼き。

 

薄い豚バラ肉。

 

好みです。

 

味は普通。ちょっと固めのお肉。

 

ただ量が少なく、ご飯がかなり余ります。

 

バランス感覚に自身のあるボクですが(笑)、これはどちらかの量を調整しないと味気ないフィニッシュになってしまいます。

 

あと…

 

お隣が同じものを頼んでいたのでふと見ると、

 

ボクの方にはマカロニサラダが付いてない!

 

…普段の”行いの良さ”が出てしまったのでしょうが、コレはキツかったです。笑

 

コスパも悪く、なんか後味の悪いお店でした。

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆

新宿「ブビタミン 新宿西口ハルク店」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編㉕~

どうも四代目です♪

 

新宿「ブビタミン 新宿西口ハルク店

 

豚生姜焼き定食

¥920

 

ご飯、お味噌汁、付け合わせ(キャベツ、水菜、キュウリのQちゃん)

店内:普通

接客:ウザイ

 

 

新宿西口は小田急ハルク内にある焼き鳥屋さんです。

 

店内はフードコートになっていて何軒かあるうちの1軒なので、座席は開放感があります。

 

カウンターは仕切りがあるので圧迫感があります。

 

店員はランチ時若い男の人が2名。

 

ぺちゃくちゃ喋ってて、うっとおしかったです。

 

 

さて豚のしょうが焼き。

 

厚めくて小さめの豚ロース肉。

 

肉質がチェーン店のそれのようで、あまり良くない気がします。

 

味は生姜の味がしっかり立っていますが、しょっぱ過ぎの強め。

 

ご飯に合うといえば合うのですが、あおさのお味噌汁もしょっぱくて、

 

コチラの料理は全体的にそういう風なのかと思いました。

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆

下北沢「キッチン南海 下北沢店」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編㉔~

どうも四代目です♪

 

下北沢「キッチン南海 下北沢店」

 

豚しょうが焼きメンチカツ盛り合わせライス

¥750

 

ライス、お味噌汁、付け合わせ(キャベツ、ナポリタン)

店内:狭い

接客:悪い

 

 

ご存知、神保町に元祖をおく有名洋食屋の暖簾分け店です。

 

下北沢のコチラは、御年80にもなるご主人と娘さんで営業してます。

 

店内はまさに”ウナギの寝床”!

 

5~6人も入れば満席になる小さなお店。

 

昔からあるお店なのでキレイではありません。

 

ボクのキライな「昔ながら~」という言葉にあぐらをかいてる系の臭いがプンプンしますねぇ…笑

 

 

では豚のしょうが焼き。

 

キッチン南海といえば揚げ物とのセットなので、今回はメンチカツと一緒に。

 

…と、味のレビューをしようとしたところに大事件発生!

 

隣のカップルのお姉ちゃんの方の味噌汁に小さなゴキブリが入っていました!

 

そこでの応対が最悪。

 

お客さんは小さな声で気を遣って交換を願い出ましたが、店主のジジイは

 

「これ後で入ったものじゃないか?」という始末。

 

娘さんが即座に代わって応対しましたが、

 

こういう場面で素直に丁寧に謝れるかでお店の本質が問われます。

 

頑固でベテランの職人になればなるほどこういう1番大事な部分が欠けがちになりますね。

 

そこからの食事は、コチラも必然と不味く感じてしまいます。

 

しょうが焼きの味はひたすらしょっぱく、

 

なにしろ普段は虫でもあまり気にしないボクですが、今回は特に味噌汁がまずかったです。

 

帰りのお釣りの渡し方も高圧的。

 

年寄りだからと言ってなんでも許されるわけではありません。

 

もう行きません。 

 

引退しなさい。

 

 

ごちそうさまでした♪

桜上水「山路」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編㉓~

どうも四代目です♪

 

桜上水「山路」

 

 得々セットメニューC

¥980

 

ご飯、お味噌汁、付け合わせ(キャベツ、かいわれ大根)

店内:普通

接客:普通

 

 

組合の回覧板まわしのついでに。

 

昨年のとんかつ編でもお世話になったお店ですね。

 

なかなかに入りずらい外観で、あまりキレイとは言えない店内…

 

御主人が1人で切り盛りしています。

 

この日も立て込んだ注文をなんなくさばいていました。

 

壁にはたくさんのアメフト選手のサイン。

 

昨年はメニューの隙間に小さな”G”が押し花になってまして、

 

今年もそれに会いに行きました。

 

変わらず居ました。笑

 

 

さて豚のしょうが焼き。

 

いいです。

 

脂身が多めのロース肉。

 

とんかつ屋さんなんで、お肉も柔らかく悪くないです。

 

大きさもボク好み。

 

味は生姜感が控えめの普通。

 

不衛生さが残念なお店でした。

 

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆

方南町「キッチンなべ」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編㉒~

どうも四代目です♪

 

方南町「キッチンなべ」

 

 得々セットメニューC

¥980

 

ご飯、お味噌汁、付け合わせ(キャベツ、かいわれ大根)

店内:普通

接客:普通

 

 

方南町の島忠に行ったついでに。

 

昭和の洋食屋さんで、年配のご夫婦で切り盛りしています。

 

店内はコロナ対策が神経質なほどしてあります。

 

御主人が調理、奥さんがフロアを担当。

 

 

では豚のしょうが焼き。

 

セットメニューが充実していたので、今回はハンバーグ、エビフライのセットで。

 

玉ねぎののないシンプルなしょうが焼き。

 

ゆえに味付けもシンプル。

 

もっと言うと生姜の味も無ければ全体的に薄味。

 

食べでのある大きさは良かったと思いますが、

 

横にあるハンバーグの方がよっぽど美味しかったです。

 

セットメニューにおいては少なくともしょうが焼きが、

 

そのお皿の中でいちばん美味しくないと話にならないなと思いました。 

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆

下北沢「山角」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編㉑~

どうも四代目です♪

 

下北沢「山角」

 

 豚しょうが焼き定食

¥900

 

ご飯、お味噌汁、付け合わせ(キャベツ、水菜、自家製ドレッシング?、ナポリタン)、お新香

店内:普通

接客:普通

 

 

下北沢のタウンホールに行ったついでに。

 

旧大踏切のそば、交番のとなりにあります。

 

10年位前にできた、

夜は飲み屋、昼は定食屋のお店。

 

できたての頃、夜に行ったことがありました。

 

店内は下北っぽいお店で、女性スタッフのみで営業しているようです。

 

 

さて豚のしょうが焼き。

 

とても美味しいです!

 

まずしっかりと生姜の味が立っている。

 

そしてお肉の大きさもボクの好み。

 

悪いところがありません。

 

さらに副菜のナポリタンも、酸味とオリーブオイルが効いていてワンランク上の味。

 

キャベツにかかっているドレッシングも自家製でしょうか。

 

抜け目がありません。

 

ご飯が柔らかすぎたのが残念ですが、

 

すべての料理にしっかり”ひと手間”加えていて、

 

”しょうが焼き”という一般的なおかずですが、

 

ちょっとした感動を与えるレベルにまで昇華されています。

 

素晴らしかったです。

 

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆☆

代田橋「とんかつクラウン」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編⑳~

どうも四代目です♪

 

代田橋「とんかつクラウン」

 

 豚生姜焼定食

¥580

 

ライス、お味噌汁、付け合わせ(キャベツ)、お新香

店内:せまい

接客:良い

 

 

お待たせしました…

 

平日昼間…

 

和泉町は沖縄タウン付近…

 

瘴気漂うこのあたりに二大巨頭がございます。

 

そう…

 

当企画でおなじみの第一食堂とコチラのお店ですね!

 

かたやこの令和の時代にあって、しっかりマズい第一食堂。

 

そして入りずらさがピカイチのクラウン。

 

今回は我が街・代田橋の”キケンな2トップ”の一角…

 

とんかつクラウン

 

の登場でございます!笑

 

というわけで昨年のとんかつ編に続いての訪問。

 

説明が重複しますがもう一度。

 

4席だけのカウンターで90歳近い御夫婦が、なかなかに近い距離で迎えてくれます。

 

驚くべき値段と意外と美味しい料理。

 

ほっこりする接客で、入店する前と後で印象が変わるお店です。

 

 

では豚のしょうが焼き。

 

値段の安さもあってお肉の質は良くないです。

 

味付けは悪くないのですが、しょうが焼きというテーマがお肉の質を誤魔化せないので

 

ちょっと残念。

 

レモン水が作り置いて時間が経ってるせいか、汚く見えてこれも残念。

 

コスパはさすがですが、とんかつほど良くなかったです。

 

でも今年も二人のお元気な姿を見れて良かったです。

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆

秋葉原「肉の万世 本店」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編⑲~

どうも四代目です♪

 

秋葉原「肉の万世 本店」

 

生姜焼

¥880

 

ご飯、とん汁

店内:広い

接客:普通

 

 

当店の御常連W様のご紹介です。

 

お肉料理の有名店ですね。

 

現在、Twitterでコチラをフォローしリツイートすると、

 

なんとカツサンド(700円相当)がもれなくもらえるキャンペーン中な上に、

 

W様から300円の割券を頂いたので、先方が赤字になるほどの太っ腹具合です。

 

5階建ての自社ビルが壮観。

 

フロアごとに料理が分かれており、3階の洋食フロアへ。

 

店内はとても広く、従業員もしっかりオペレーションが鍛えられています。

 

 

さて豚のしょうが焼き。

 

鉄板で供されるので、いつまでも熱々でよいです。

 

目玉焼きはサービス。

 

ただご覧の通り、お肉少なめ野菜多め。

 

お肉の専門店だけあって肉自体は美味しいのですが、コレは”肉野菜炒め”ですね。

 

生姜の風味もありません。

 

美味しいヒトサラではありますが、コレでは生姜焼きとは言えませんね。

 

色々なキャンペーンのおかげで、お得感はハンパじゃないです。

 

今度はガッチリした肉料理を食べに伺いたいです。

 

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆

原宿「燻製まるほ」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編⑱~

どうも四代目です♪

 

原宿「燻製まるほ」

 

四元豚の生姜焼定食

¥1050

 

ご飯、味噌汁(大根、ほうれん草、みょうが)、いぶりがっこ(食べ放題)

店内:普通

接客:普通

 

 

原宿にニューエラのキャップを買いに行ったついでに。

 

ちょっと急いでたのでさっそく外観を撮り逃してます。笑

 

階段を下りて行って地下1階にある店内は小綺麗な和割烹の居酒屋さん。

 

そこのランチです。

 

ボクと同世代のご夫婦でやっているようです。

 

ランチタイムギリギリにも関わらず、感じよく応対してくださいました。 

 

 

では豚のしょうが焼き。

 

脂身の多い豚バラ肉。

 

ボクの好みの大きさ。

 

味も良いです。

 

しっかりと生姜も効いてるのですが、なにより脂身が美味しいです。

 

ご飯が進みます。

 

燻製屋さんということで、取り放題の漬け物がいぶりがっこというのも嬉しいですね。

 

そうそう。

 

コチラはお味噌汁が最高でした。

 

具だくさんな上に野菜の歯応えもそこそこ残っていて、みょうがの風味も良い。

 

都度手を掛けて作っているようで、コレでご飯がもう1杯イケるくらいです。

 

しっかりと仕事をしているお料理。

 

夜も行ってみたくなりました。

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆☆

御茶ノ水「とちぎや」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編⑰~

どうも四代目です♪

 

御茶ノ水「とちぎや」

 

 生姜焼定食

¥950

 

ご飯、お味噌汁(わかめ)、付け合わせ(キャベツ)、冷奴、お新香

店内:普通

接客:普通

 

 

御茶ノ水に”ウクレレ”を買いに行ったついでに。笑

 

今回からお店の外観を、出来るだけ載せていこうと思います。

 

コチラは中華料理店。

 

今回初の、中華料理店で頂く豚のしょうが焼きですね。

 

店内は広く、朱色がメインのよくある中華料理店。

 

おばさんが数名、元気よく働いています。

 

お昼すぎだったので、空いていました。

 

居心地よし。

 

接客も良いです。

 

 

さて豚のしょうが焼き。

 

お肉の質は良くないですが、味付けは好みでした。

 

甘さが前に立って、しっかりと生姜の味もします。

 

口当たりはイマイチですが、副菜含めてしっかりと満足いく定食でした。

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆

明大前「ガスト 明大前店」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編⑯~

どうも四代目です♪

 

明大前「ガスト 明大前店」

 

豚肉の生姜焼き+Aセット(ライス、スープ飲み放題)

¥599+279

 

ライス、付け合わせ(キャベツ、あさつき、マヨネーズ)、卵と玉葱のコンソメスープ(飲み放題)

店内:チェーン

接客:普通

 

 

ご存知大手ファミレスです。

 

祝日の昼過ぎに行きましたが、コロナ禍にあって混雑。

 

だいぶ世の中の雰囲気も戻ってきましたね…。

 

接客や店内の雰囲気はチェーン店のそれ。

 

ただメニューが無くなっててすべてタブレットになっていたのには驚きました。

 

店員さんが来ないのです。

 

まあ煩わしくなくて良いのですが、年配の方は大変だろうなぁ。

 

 

 

さて豚のしょうが焼き。

 

細切れのロース。

 

量が少ないです。

 

そして冷たい…。

 

味は甘さが立って悪くないです。

 

ただお肉の質は良くないです。

 

コスパが良いわけではないので、座席代と考えても、なんか損した気分。

 

チェーンクオリティにしては残念でした。

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆

神保町「ボーイズカレー」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編⑮~

どうも四代目です♪

 

神保町「ボーイズカレー」

 

カレー付しょうが焼き

¥1050

 

ライス、付け合わせ(キャベツ、ナポリタン)、コンソメスープ、カレー

店内:汚い

接客:普通

 

 

神保町の有名店。

 

大学時代に行ったことがあります。

 

コチラのしょうが焼きは、全国しょうが焼きランキングで”大関”を獲得したそうで、期待が高まります。

 

店内は白を基調に塗りなおしたようですが、それでも掃除が行き届いてない感じ。

 

シンクの洗い物が目に入って汚いです。笑

 

ホールとキッチンをそれぞれ担当するおじさん2人での営業で、お客さんもひっきりなしに来店するのでしょうがないところでしょうか。

 

 

では豚のしょうが焼き。

 

大きめの肩ロースが2枚。

 

柔らかさも丁度よく、ブランデーがほのかに香って、美味しいです。

 

ナポリタンも柔らかくて良い感じ。

 

ただカレーは昔ながらの粉っぽさが残る深みの無い味。

 

イマイチですが、ここはこれで良いような気がします。

 

がっつけて、満足感アリ。

 

なんだかいろいろ”許せる”お店でした。

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆☆

幡ヶ谷「ヴォーカル」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編⑭~

どうも四代目です♪

 

幡ヶ谷「ヴォーカル」

 

豚の生姜焼き

¥860

 

ライス、付け合わせ(キャベツ、トマト、ポテトサラダ)、自家製ドレッシング

店内:普通

接客:とても良い

 

 

ハンバーグ編でもお世話になった、”幡ヶ谷の宝”と呼ばれる洋食屋さんです。

 

とても細い路地に昭和の喫茶店のたたずまいを醸し出すコチラのお店。

 

今はランチとディナーの食堂として営業してますが、

 

以前は喫茶店だったような雰囲気です。

 

40代と見受けられる兄妹で切り盛りしていて、お兄さんがキッチン、妹さんがホールを担当しています。

 

妹さんの謙虚な接客に好感が持てます。

 

 

さて豚のしょうが焼き。

 

大きめの肩ロースが2枚。

 

外がカリッ、中が柔らかいお肉。

 

何かが出っ張るわけでもなく深みもある美味しさ。

 

強めの味付けなのでご飯が進みます。

 

キャベツにかかっているのは自家製ドレッシング。

 

ポテトサラダも美味しく、とにかく全体のバランスが最高です。

 

店内の雰囲気、接客含めて素晴らしいお店でした。

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆☆

桜上水「ティファニー」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編⑬~

どうも四代目です♪

 

桜上水「ティファニー」

 

豚の生姜焼き

¥1050

 

ライス、お味噌汁、サラダ、付け合わせ(ブロッコリー、にんじん、キュウリのピクルス、カレー味のきんぴら)

店内:普通

接客:普通

 

 

理容組合の回覧板回しの途中に寄りました。

 

桜上水の商店街にある喫茶店。

 

古くからあるようです。

 

広い店内でランチ時の客入りは半分くらい。

 

近所のマダムたちが多いです。

 

店員の女性は愛想が良いですが慌ただしく働いています。

 

喫茶店だけあって居心地は良いです。

 

 

では豚のしょうが焼き。

 

よく焼きでやや香ばしいのですが、味が薄いです。

 

もちろんしょうがの味もしません。

 

イマイチです。

 

付け合わせが面白く、特にきんぴらがカレー味なのは珍しいですね。

 

価格もやや高めでこの味ではちょっと不満。

 

他に当たりのメニューがあったかもしれません。

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆

千歳烏山「松軒中華食堂 千歳烏山店」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編⑫~

どうも四代目です♪

 

千歳烏山「松軒中華食堂 千歳烏山店」

 

ニラともやしの豚生姜焼き

¥580

 

ご飯、ワカメスープ

店内:チェーン

接客:普通

 

 

千歳烏山に長男とお出かけした際の昼食で。

 

牛丼チェーンの松屋が新たに展開している大衆中華食堂です。

 

店内は普通のチェーン店。

 

食券ではなく、店員さんに注文する形式。

 

 

さて豚のしょうが焼き。

 

中華料理の炒め物ですが、メニューに生姜焼きとあります。

 

野菜メイン。

 

もやしのシャキシャキ感と油の風味で”ザ・中華”ですが、しっかり生姜も効いていてほんのりニンニク。

 

これをしょうが焼きと言っていいのかは疑問ですが、

 

サッパリとガツガツイケます。

 

コスパもとても良くて、しょうが焼きに縛られなければ、なかなか良い感じでした。

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆

西武新宿「バンビ 新宿サブナードレストラン街」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編⑪~

どうも四代目です♪

 

西武新宿「バンビ 新宿サブナードレストラン街」

 

栃木直送ポーク生姜焼き

¥900

 

ライス、コンソメスープ、野菜

店内:昔ながら

接客:普通

 

 

西武新宿駅に向かう途中の地下街「サブナード」にある昔ながらの洋食レストラン。

 

ハンバーグ編でもお世話になりました。

 

昔ながらということもあって、味などは全体的に普通。

 

ただ雰囲気が落ち着くというところだけでしょうか。

 

店員さんは外国人。

 

老舗にしては意外。

 

 

では豚のしょうが焼き。

 

カタい!!!

 

とにかくお肉が固いです。

 

しょうが感はモチロン、あまり味がせず美味しくないです。

 

栃木直送とありますが、それがブランド豚なのか…?

 

どうも他のメニューもそうですが、肩書を”とりあえず”付けてる感じがします。

 

「昔ながらのお店」の悪いところが出てます。

 

残念でした。

 

コンソメスープは美味しかったです。

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆

神保町「しょうが焼きBaKa」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編⑩~

どうも四代目です♪

 

神保町「しょうが焼きBaKa」

 

桃豚の上ロースしょうが焼き&奥久慈卵の黄身添え定食ブタ汁付

¥1100

 

ご飯、ブタ汁、キャベツ、プチトマト、お新香(取り放題)

店内:キレイ

接客:良い

 

 

靖国神社参拝のついでに、その近所でしょうが焼きを出してるお店を検索。

 

専門店がありました!

 

10数年ぶりに通ったらだいぶ規模が大きくなっていた”我が母校”を抜けたところ。

 

昨年の11月にオープンしたそうで、コンセプトのしっかりした素敵な外観のお店。

 

店内も壁に愛らしいブタの鼻の模様がちりばめられています。

 

全体的にオモシロく良い感じ♬

 

女性の店員さんも柔らかいけどしっかりした接客をしてくれます。

 

 

では豚の生姜焼き。

 

秋田県の十和田湖高原ポークSPF「桃豚」のロース肉。

 

ブランド豚なのでお肉が美味しいのは言わずもがなですが、

 

特筆すべきはそのしょうがの使い方!

 

まず基本の醤油だれにおろししょうががたっぷり。

 

さらに上には針しょうが!

 

さらにさらに脇におろししょうがで追いかけられる気配り!!

 

お新香もしょうが。

 

ドレッシングもしょうが。

 

まさにしょうがづくしで、店名に偽りナシ!

 

厚揚げが入ったブタ汁も良い感じです。

 

居心地も良いのですが、なにしろその心意気にヤラれました!

 

しょうがの味が前に出ないしょうが焼きが多い中で、

 

しっかりと「豚のしょうが焼き」を堪能できるお店です。

 

まだ始まって間もないですが、今テーマ初の五つ星で良いでしょう!

 

サイコーでした!

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆☆☆

高田馬場「極厚家」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編⑨~

どうも四代目です♪

 

高田馬場「極厚家」

 

極厚しょうが焼き定食(醤油)

¥1050

 

しょうがごはん、お味噌汁、キャベツ、つぼ漬け、ゴーヤと豚の炒め物

店内:普通

接客:普通

 

 

高田馬場は富士大学のさらに奥、駅から徒歩10分ほど。

 

住宅街の中にひっそりとある、まさに隠れ家的生姜焼き専門店です。

 

のぼりが立ってますが、控えめな門構え。

 

店内もカウンターのみで、5人くらい入ればいっぱいの狭いお店。

 

でもオープンからそんなにたってないのでキレイで落ち着いています。

 

和割烹のような雰囲気です。

 

キャバ嬢のような派手な店員さん。

 

ご夫婦でやられてて、その奥さんのようです。

 

 

さて豚の生姜焼き。

 

店名にある通り、分厚いロース肉。

 

珍しいタイプです。

 

見た目はポークステーキ。

 

20時間の低温調理とやらで、柔らかくお箸でホロホロと切れるというのが売りですが、

 

こういうの、

 

豚の角煮やチャーシューでも結構あります。

 

確かにお箸で切れますが、そのひと切れは意外とパサパサです。

 

ジューシーさと柔らかさは違うんですね。

 

味も生姜薄め。

 

もう一つのポイントである”しょうがごはん”も固く、生姜の風味がほとんどありません。

 

コンセプトやアイデアは大変面白いと思います。

 

でもはっきり言います。

 

これは”豚のしょうが焼き”ではありません!

 

期待外れでした。

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆

八幡山「れんげ食堂 Toshu 八幡山店」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編⑧~

どうも四代目です♪

 

八幡山「れんげ食堂 Toshu 八幡山」

 

生姜焼き定食

¥590

 

ライス、スープ、キャベツ、つぼ漬け

店内:普通

接客:普通

 

 

チェーンの中華食堂です。

 

店内はコロナ対策をしっかりしたよくあるチェーン店。

 

店員さんは日本人です。

 

 

では豚の生姜焼き。

 

細かい豚ロース。

 

脂身多め。

 

オペレーション通りに作られてますが、味付けが強めでご飯に合います。

 

コスパは良いのですが、量は少な目。

 

肉増しのメニューもあります。

 

スープが美味しかったです。

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆

新宿「はやしや」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編⑦~

どうも四代目です♪

 

新宿「はやしや」

 

豚肉と玉葱の生姜焼き定食

¥780

 

ライス、お味噌汁、野菜サラダ、マカロニサラダ、ドリンク1杯(レモネード)

店内:広い

接客:普通

 

 

ハンバーグ編でNo.1を獲得した、昭和の雰囲気を醸し出す洋食レストランです。

 

ビルの5Fにあるためなかなか良い眺望。

 

店内も広く居心地が良いです。

 

 

さて豚の生姜焼き。

 

細かい豚ロースでボク好み。

 

で、商品名に”玉葱”とある通り大きめの玉ねぎが多めに入ってます。

 

歯ごたえが楽しいです。

 

お肉はよく焼きで、焦げ目があるところも。

 

それが香ばしくて良い感じです。

 

ただ、固め。

 

味は生姜がそれほど強くなく、バランスは取れていますが、特筆すべき点はありません。

 

店内の雰囲気やレモネード含め総合的に良い感じでした。

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆

新宿「とんかつ にいむら 本店」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編⑥~

どうも四代目です♪

 

新宿「とんかつ にいむら 本店」

 

生姜焼きランチ

¥980

 

ライス、お味噌汁、キャベツ、キュウリのQちゃん食べ放題

店内:広い

接客:普通

 

 

歌舞伎町にある老舗。

 

とんかつ編の時にお世話になりましたが、コチラは持ちビルのあるお店でその1、2階が店舗ですが、店内は広くキレイです。

 

以前訪問した時は外国人観光客狙いのお店なため、居心地は良くありませんでした。

 

ただ今回はコロナ騒動で外国人がいないため非常に雰囲気も良く、ランチを満喫できました。

 

店内は広く大きく2階建て。

 

シックな雰囲気です。

 

店員さんの教育も行き届いています。

 

 

では豚の生姜焼き。

 

大きな切り身スタイル。

 

肩ロース2枚。

 

今企画初ですかね。

 

とんかつ屋さんということでお肉で勝負しているだけあって、柔らかい!

 

味付けも、ちゃんと生姜が効いていて、甘さ、しょっぱさ、とても良いバランスです。

 

汁だくでキャベツに絡まるところも、お肉にかぶりつくところも

 

「あ~生姜焼き食べてるなぁ!」という感じがして

 

食べ応えがあり大満足です。

 

普段は外国人観光客のため来たいと思いませんが、

 

昔からあるお店…さすがのクオリティでした! 

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆☆

浅草橋「生姜キング 浅草橋本店」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編⑤~

どうも四代目です♪

 

浅草橋「生姜キング 浅草橋本店」

 

生姜キング定食

¥750

 

ライス、お味噌汁、キャベツ、選べる小鉢(たまごサラダ)

店内:暗い

接客:普通

 

 

馬喰横山にお店の粧材を仕入れに行ったついでに。

 

近場でないのでしっかりスマホで調べていきました。

 

馬喰横山近辺のランキング1位。

 

少し歩いて浅草橋駅まで。

 

駅のすぐ近くにあります。

 

 

なんか負のオーラが。笑

 

店に入ると暗い!

 

そしてBGMも何もない!

 

あー

 

中国人の店か。

 

(中国人はお店の雰囲気より節約を優先するようで。)

 

というわけで、働いている人はみな、中国人。

 

お昼時にも関わらず、テーブルの上にはまだ仕込み中の小鉢が出しっぱなし。

 

最悪の店内です。

 

食券を買って小鉢を選べます。

 

 

さて豚の生姜焼き。

 

大きめの肩ロース5枚。

 

系列で銀座にある「AOI」というハンバーグ店のタレを使用しているそうで、

 

ニンニクガツン。

 

ごはんが進みますが、生姜の味はしません。

 

ましなのはこのタレだけで、他が良くないです。

 

お肉は冷凍感丸出しの肉質。

 

ご飯とお味噌汁は美味しくない。

 

お店の雰囲気から、仕込んであったたまごサラダとキャベツが不潔な印象。

 

何しろ全体的に”身体に取り込みたくない”と思いました。笑

 

オーナーは、店舗をもっとよく見回った方が良いですね。

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆

笹塚「ロビン」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編④~

どうも四代目です♪

 

笹塚「ロビン」

 

ポークジンジャーライス

¥820

 

ライス、お味噌汁、キャベツ、トマト、ナポリタン

店内:普通

接客:普通

 

 

ご存知、笹塚の有名店です。

 

ボクが子供の頃からあるお店がいったん閉店。

 

そこで「昔ながらの~」的な感じでテレビに取り上げられてから行列店になり、

 

再開後もその混雑ぶりは続いています。

 

正直、味も大したことないわりにいつも混んでいるので、個人的にはあまり行きたくないお店です。笑

 

 

移転先は駅そばの飲食ビルの2F。

 

以前より狭くなっています。

 

来店したのは早めの開店時間11時の直後なのにすぐお客さんが並んでいます。

 

ボクはギリギリ座れましたが… 

 

 

では豚の生姜焼き。

 

迫力のある見た目ですが、ほぼ玉ねぎです。

 

この玉ねぎの切り方があまり良くない…

 

お料理初心者の切り方みたい。笑

 

下にやや大きめの豚バラ肉が7~8枚。

 

味は甘さが立つボク好みですが、生姜の味がまったくしません。

 

全体的に満足感はあるのですが、混んでるので居心地がさほど良くなく、味もこの程度で、なんで行列店なのか?

 

メディアの力、恐るべしですね。

 

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆

八幡山「ポんタDINING」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編③~

どうも四代目です♪

 

八幡山「ポんタDINING」

 

日替わり定食(豚肉の生姜焼)

¥690

 

ご飯、お味噌汁、冷奴、コロッケ、ナポリタン、キャベツ、お新香

店内:普通

接客:良い

 

 

理容組合の回覧で行く街ですね。

 

こちらはとんかつ編でお邪魔しました。

 

その時も切り盛りしている老夫婦の感じの良さが心地よいお店でした。

 

今回もそれは変わらず。

 

コロナ禍にあっても、消毒液を持ってきてくれたりとか、変わらずの接客の良さです。

 

 

 

さて豚の生姜焼き。

 

日替わり定食なので生姜焼きが主役ではありますが、脇を固めるおかずが豪華です。

 

生姜焼きは普通。

 

特に味については変わったところはありません。

 

おウチレベル。

 

お肉がスタンダードな脂身多めのバラ肉で良かったくらい。

 

ただコロッケが揚げたてでアツアツだったり、冷奴が嬉しかったり、

 

総合的に大満足のランチでした。

 

 

コスパも良し!

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆

代田橋「キッチン こあっと」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編②~

どうも四代目です♪

 

 代田橋「キッチン こあっと」

 

豚生姜焼

¥780

 

ご飯、お味噌汁、キャベツ、マカロニサラダ

店内:普通

接客:普通

 

 

続きましても地元の洋定食屋さん。

 

こちらもカレー編、ハンバーグ編に続いての訪問ですね。

 

親子で切り盛りされていて、お母さんが調理、息子さんが接客を担当します。

 

市原亭に比べれば、普通の家庭の味といった具合なのですが、居心地は良いです。

 

 

では豚の生姜焼き。

 

バラ肉4枚。

 

少なく感じます。

 

ご飯が余ります。笑

 

玉ねぎの火の通りが甘いです。

 

良く言えばだいぶシャキシャキしています。

 

味は、甘さが前に立つ好みな感じです。

 

でも相変わらずコスパ含めて微妙です。 

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆

代田橋「となりのキッチン市原亭」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編①~

どうも四代目です♪

 

先日お伝えさせて頂いた、麻婆豆腐編のギブアップからはや2週間…

大変恐縮ではありますが新シリーズを始動させて頂きます。

 

予告通りシーズン8は「豚の生姜焼き」!

 

あぁ…ブログ更新が憂鬱にならないお題が久しぶりです。笑

1年半掛けるということで目標は未踏の100軒越えといった感じで張りきってやって行こうと思います。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

 

代田橋「となりのキッチン市原亭」

 

ポークジンジャー(国産豚)

¥895

 

ご飯、豚汁、サラダ、お新香

店内:普通

接客:普通

 

 

まずは地元の信頼のおけるコチラの洋食店からスタートします。

 

カレー編、ハンバーグ編に続いての訪問。

 

コチラの店主さんはしっかりと修行を積んでらっしゃるようで、お料理がしっかりしています。

 

今回は忙しかったのか、すっぱいウェルカムドリンクを出し忘れていたようです。笑

 

店内はシックな木目調。

 

でも老夫婦が切り盛りされていて落ち着きます。

 

 

ではポークジンジャー。

 

赤身と脂身が分かれ気味の豚ロース。

国産豚とありますが、そんなにお肉自体に感動はありません。

 

味はシャープでエッジが効いた、生姜が前に来る感じ。

 

好みではないですが美味しいです。

 

コチラはサラダのドレッシングが手作りだったり、豚汁が美味かったり、料理人としての下地がしっかいしていて、脇を固めるものが良いです。

 

主役の味が突き抜けているわけではありませんが、総合的に満足度の高いランチでした。

 

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆