下北沢「かつ良」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編57~

どうも四代目です♪

 

下北沢「かつ良」

ロースうす切り生姜焼き

¥1100

 

わかめご飯、お味噌汁、付け合わせ(いんげん、キャベツ、紫キャベツ)、冷奴、昆布と椎茸の佃煮、お新香(つぼ漬け、白菜漬け、ザーサイ)

店内:普通

接客:普通

 

 

下北沢のとんかつ屋さん。

 

落ち着いた雰囲気が良く、しっかりと教育された店員さんの接客も良いです。

 

メニューがどっしりとしていて、コロナ騒動前まではお新香が選べたりと、高級とんかつ店の風情です。

 

このご時世、平日でも7割方客席が埋まっていて、お店の安定感を感じさせます。

 

 

では豚のしょうが焼き。

 

薄切りの豚肩ロースが3枚。

 

お弁当重に入って供されます。

 

薄く、大きくないので食べではありませんが、

 

良質の肉汁を逃さない工夫か、周りをしっかりと小麦粉で固めてあって、食感は硬いのですが、

 

この場合はそれでも良いです。

 

豚肉の風味がしっかりと感じられます。

 

副菜も充実していて、お新香が3種あるのも嬉しいです。

 

赤だしも良し。

 

やっぱりとんかつ屋さんのしょうが焼きは良いですね。

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆