祖師ヶ谷大蔵「キッチンマカベ」! 四代目の孤独のグルメ~豚のしょうが焼き編61~

祖師ヶ谷大蔵「キッチンマカベ」

ポークジンジャー(リブロース)

¥1560

 

ご飯、お味噌汁、付け合わせ(キャベツ、キュウリ、トマト、パセリ、レタス、マカロニサラダ)

店内:普通

接客:普通

 

 

ポークジンジャーといえばどこのサイトにも出てくる、おそらく日本一の有名店。

 

レビューには「味が落ちた」ともありますが、果たしてどうでしょうか?

 

祖師ヶ谷大蔵の商店街奥にあります。

 

開店時間前に行ったので並ばずに入店。

 

でも11時台には満席に。

 

老舗の洋食屋さんで2階に案内されました。

 

しっかりとした接客。

 

 

 

店内も落ち着いた雰囲気で、このコロナ禍でも繁盛しています。

 

 

では豚のしょうが焼き。

 

微妙。

 

少し高い方のリブロースを注文。

 

ポークジンジャーらしい1枚肉ですが、そんなに大きくはありません。

 

お肉自体はいたって普通に感じました。

 

味は甘みが前に立つタイプ。

 

不味くはないのですが、ちょっとぼんやりした感じ。

 

しっかりと腕を磨き、仕事も丁寧なのは伝わりますが、

 

コレは好みですかね。

 

でも万人が美味しい!と絶賛するお店もあるわけで、

 

そう考えると、やっぱり普通なのでしょう。

 

価格が高い分、なんだかなぁと感じました。

 

あ。

 

マカロニサラダはとても美味しかったです。 

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆