笹塚「ロビン」! 四代目の孤独のグルメ~メンチカツ編⑤~

新宿西口「豚珍館」

 

メンチカツ

¥890

 

ライス、お味噌汁、付け合わせ(サラダ、トマト、スパゲッティ)

店内:やや狭い、激混み

接客:普通

 

笹塚にある老舗の洋食屋さん。

 

このブログにも何度か登場した、メディアによく取り上げられて、常に行列必至の超有名店ですね。

 

オペレーションはしっかりしていて、フロアの女性店員2名の愛想も悪くないのでしょうが、店内のキャパと混雑具合で慌ただしく、落ち着けないお店です。

 

ボクが生まれた年からの洋食屋さんで、昔はなんてことないお店でしたが、その歴史と、惜しまれつつ閉店からのお弟子さんが再開という流れが、この盛況に拍車をかけています。

 

故に個人的には毎度きがすすみません。

 

というわけで、今回もお昼前にかかわらず、並ぶ…笑

 

1人ということもあってすぐに席に通されましたが、店内も大混雑。

 

忙しなく注文します。

 

 

 

さてメンチカツ。

 

まずはその大きさ。

 

いまのところ1等賞です。

 

奥の方で爽やかさを醸すタネ。

 

洋食屋さんの正しいメンチカツといった感じ。

 

衣は良く揚げの固め。

 

デミグラスソースがたっぷり掛かっていますが、このボンヤリしたソースとの相性が、今のところボクはまだ理解できてません。

 

なので卓上のソースを掛けたりします。

 

過去、生姜焼きなど頂きましたが、メンチが1番良い感じ。

 

このメンチを基本として考えていこうと思います。

 

 

 

ごちそうさまでした♪

☆☆☆